リード進学塾は幼・小・中・高一貫教育で
子どもたちの輝かしい未来を応援します。

リード進学塾/予備校

リード進学塾/予備校

電話でお問い合わせはこちら メールでお問い合わせはこちら

高等部ブログ

HOME > 写真撮影@忠節校

高等部ブログ

写真撮影@忠節校

こんにちは。リード予備校の日比野です。

 

 

 

 

ブログ更新をし続けているとネタが無くなるときがあります。

 

 

忠節校は3年生だけで100名近い生徒が登校しますし、

生徒が本当に個性豊かなので毎日何かしらが起こります。

 

 

 

 

それでもネタに困ることはあります。

 

そんなときには生徒に「なんかネタない??」とよく無茶ぶりをします。

 

 

 

最近はそんな無茶ぶりにも慣れてきて、

むしろ生徒の方からネタを持って来てくれることがあります。

 

 

 

 

カウンターでホームルームの資料を作っていると、、、

 

 

Iくん:「先生、ブログのネタ持ってきました」

 

 

日比野:「ありがとう!今日は何なの?」

 

 

Iくん:「これ見てください」

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ綺麗な写真が二枚です。

 

 

 

Iくんが写真部で色々と撮り回っていることは知っていたので、

どこで撮ったのかとかどういうテクニックを使ったのかとか興味深い話を聞けました。

 

 

 

 

Iくんはこのブログでもよく登場する名古屋大学理学部志望の生徒なのですが、

学校の生徒会活動や部活動やその他もろもろ、

とにかく何でも首を突っ込んで楽しんでいる印象です。

 

 

 

先日のブログでも上がっていた岐阜大学と岐阜県庁コラボイベントの「宇宙工学講座」も、

 

 

 

日比野:「Iくんが興味ありそうなイベントがあるんだけ、、、」

 

 

Iくん:「行きます!」

 

 

 

内容を言う前から参加表明をしてくれました笑

 

 

 

 

 

 

経験したものが思わぬところで繋がることはよくあります。

 

 

スティーブ・ジョブズ氏のスタンフォード大学での有名なスピーチでもこれは言われていたり、

「セレンディピティ」という概念があったりします。

 

 

 

 

「何に役に立つか分からないけど、面白そうだしやってみる。」

 

という精神は大切なことだなあと思います☆

 

 

 

 

リード予備校・河合塾マナビス忠節校 日比野仁哉

マナビス会議@忠節校、長良校、各務原校、関校

こんにちは。リード予備校の日比野です。

 

 

 

 

今日はマナビスの校舎長会議がありまして、東京まで出張です。

 

 

マナビスの校舎長が一堂に会する会議だったのでものすごい規模感です。

 

 

 

 

会議に出席する前に、体調チェックシートを書いたり、

当日朝に検査をしたり(鼻をぐりぐりするやつ)コロナ対策はばっちりです。

 

 

 

 

 

 

このメンバーで参加してきました。

 

 

 

 

加藤 敦史 (各務原校映像担当)※写真左

 

 

 

以前はマナビス以外の映像授業予備校に所属しており、映像授業の指導は超ベテラン。

 

 

しかも各務原校では集団の英語授業も担当しており映像授業と集団授業の二刀流講師です。

 

 

 

今年から各務原校を担当しているのですが、

加藤先生が来てから各務原校がものすごく綺麗になりました。

 

 

 

話を聞いてみると収納検定の準一級を持っているとか。

 

なんかすごい。

 

 

 

 

 

小池 洋一 (関校映像担当)※写真中央左

 

 

 

今年の3月に開校したマナビス関の映像担当です。

 

 

ものすごく丁寧な指導をしてくれるので、

進路であったり学習方法であったりで不安があればしっかりと面談をしてくれます。

 

 

 

趣味は海外旅行で現地で友人を作って帰ってくるとか、

食事に行く際はとにかく量重視とか、

深堀りしてみるとキャラが濃いなあと思います笑

 

 

 

昼食を5人でとったのですが、

 

 

 

日比野:「小池先生なに食べたいですか?」

 

 

小池先生:「量が多いところでお願いします」

 

 

 

さすがです笑

 

 

 

結局ご飯おかわり無料の定食屋に入ったのですが、

大盛ご飯をがっつりおかわりしていました。

 

 

 

 

 

水原 義寛 (長良校映像担当)※写真中央右

 

 

 

長良校の映像担当で、生徒人気が抜群の講師です。

 

 

 

私と同期入社なのでよく二人で話をするのですが、

 

 

「〇〇くんが面談をきっかけにがんばり始めて本当に嬉しい」

 

「△△さんがもっとやる気を出せるようにこんなことをしてみます」

 

 

と生徒の話ばっかりしています。

 

 

 

本当に長良校の生徒のことが好きなんだなあと感じます。

 

 

 

最近リードの二枚目講師として売り出し中で、

 

 

 

 

 

 

本を読む姿も絵になります☆

 

 

 

 

 

土屋 貴嗣 ※写真右

 

 

 

ブログでたびたび紹介しているのでもはや説明不要なんじゃないかという偉い人。

 

 

 

数学講師としての実力ももちろんですが、

それ以上にモチベーターとしての能力がピカイチです。

 

 

 

 

月例面談では豊富な大学知識と教務知識でその生徒にあった的確なアドバイスをしますし、

ホームルームではやる気を引き出すような激励を熱意をもって伝えます。

 

 

 

 

大学生スタッフとして働いているKさん(名古屋大学看護)に聞いてみると、

 

 

 

日比野:「土屋先生ってどんな先生やった?」

 

 

Kさん:「みんな『結局土屋先生だよね~』って言ってました」

 

 

 

とのことで、生徒からの信頼も圧倒的です☆

 

 

 

 

今日の会議で色々と吸収できたので、

明日からの校舎に役立てていきます!

 

 

 

 

リード予備校・河合塾マナビス忠節校 日比野仁哉

「大学に行く意味ってなんですか」@忠節校

こんにちは。リード予備校の日比野です。

 

 

 

 

忠節校では本日をもって5月の月例面談が終了しました。

 

私が担当したのがざっと70名くらいかな、色々な話をしました。

 

 

 

 

人間は20歳前後で一生の価値観が決まるといわれています。

 

(※最近興味があるトピックなので次のお休みの時に論文とかあれば読んでみようと思います)

 

 

 

私が受け持つ高校3年生はそんな価値観形成の真っただ中にいます。

 

 

 

大学受験という、

部活動が自分の外に向かうベクトルのやりがいがあるとしたら、

自分の内にベクトルを向け続けるこの時期が彼ら彼女らの価値観に大きく寄与すると考えています。

 

 

 

だからこそ彼ら彼女らが抱える悩みや思いついた疑問などには真正面から取っ組み合いをするように心がけています。

 

 

 

 

先日、とある生徒と面談した時に。

 

 

 

日比野:

「今日の面談は前回の模試の振り返りと今後の学習計画を立てる面談なんだけど、その前に相談したいこととかある?」

 

 

生徒:「大学に行く意味ってなんですか?」

 

 

 

油断していたのでこの言葉にはドキッとしました笑

 

 

 

 

この相談に対して、

 

 

「難しいことを考えずに勉強しようよ」

 

「それを見つけるために大学に行くんだよ」

 

 

といったようにのらりくらりとかわすことは簡単です。

 

 

 

 

それでも、

この生徒にとってはこの疑問は重要な意味をもちます。

 

 

二人で色々と話をしたのですがその日は次の面談の予定があったので残念ながら打ち切りに。

 

 

 

 

そして今日改めて面談をしました。

 

 

日比野:「それで、大学に行く意味は見つかったの?」

 

 

生徒:「考えたんですけど大学に意味は見つからないです。」

 

 

日比野:「そんな簡単な問題じゃないよね。」

 

 

生徒:「でも自分はこれを考えるっていうのを言い訳にして勉強から逃げようとしているのに気づきました。」

 

 

 

きちんと自分と向き合って、この言葉を伝えてくれたことに素直に尊敬の念を抱きます。

 

 

 

 

私たちの仕事は生徒に何かを教えるという役割から、

生徒と共に考えてその生徒だけの正解を一緒に探しに行くという役割へシフトしてきていると感じています。

 

 

 

今忠節校に通ってくれている生徒達が10年後にどんな道を歩んでいるのかが心の底から楽しみです。

 

 

だからこそ私の狭い思考の枠組みではなく、

彼ら彼女らのなかにある正解を一緒に探しに行くことを毎日考えています。

 

 

 

 

なんか最近真面目なブログが続いたので、

明日はちょっとフランクなブログにしようと思います笑

 

 

 

 

リード予備校・河合塾マナビス忠節校 日比野仁哉

国語のテスト対策授業やってます!@忠節校

こんにちは。リード予備校の日比野です。

 

 

 

 

忠節校と長良校ではリード予備校国語科主任の田辺先生(東京大学経済学部卒)が各高校に合わせたテスト授業を行います。

 

 

 

 

こちらは集団授業の生徒はもちろん無料ですし、

マナビス生も無料で参加していただけます。

 

 

普段は河合塾講師の映像授業を受講し、

テスト前には各高校に即したテスト対策授業を受けることが可能です。

 

 

大学受験のためのコンテンツであるマナビスを受けている生徒も低学年のうちは定期テストが一番のモチベーションになります。

 

定期テストの順位を前回より上げるという成功体験を積み、

それを自信にして大学受験を戦い抜いてほしいと思います。

 

 

 

 

今年の高校1年生より新課程となり科目の内容がガラッと変わります。

 

リードの講師が新課程を研究したうえで対策授業を行いますので安心して授業に参加して下さいね☆

 

 

 

 

 

 

※「写真撮るのでそれっぽい感じ出してください」とお願いしました。

 

ナイス決め顔です☆

 

 

 

 

リード予備校・河合塾マナビス忠節校 日比野仁哉

京都遠足ととても嬉しい話@忠節校

こんにちは。リード予備校の日比野です。

 

 

 

 

昨日が岐阜高校の京都遠足でした。

 

 

今日はどのくらい生徒が来るかな~と思っていると、

昨日の分も勉強しようと1日に複数コマ授業を受ける生徒がたくさんいます。

 

 

 

学校行事があっても学習量は落とさず翌日から切り替えて机に向かっている姿を見ると本当に頼もしく思います☆

 

 

 

 

今日は遠足のお土産を持って来てくれた生徒が何人もいました!

 

 

 

 

 

 

Mくん(岐阜高校・名古屋大学法学部志望)

 

 

 

めちゃくちゃ良い笑顔の写真なのですが残念ながら星で隠しています!

 

志望校に合格したら隠し無しの写真を撮らせてほしいです。

 

 

 

1月にマナビスに入塾してくれた生徒なのですが、

周りの友達のムードメーカー的存在として校舎の雰囲気を明るくしてくれています。

 

 

 

 

 

 

Oさん(岐阜高校・岐阜大学共同獣医志望)

 

 

 

とても頑張り屋の生徒です。

 

 

先日のアドバイスタイムで生物の終止コドンを一緒に確認したのですが内容をきっちりと復習して、

たまたま全統共通テスト模試で出題されたときにばっちり解いてきてくれました☆

 

 

(※アドバイスに支障が出るので出題される問題は当日まで見ていません)

 

 

 

京都遠足で遊びすぎたようで、

今日は学校の授業も塾での勉強もお疲れのようでした。

 

 

たまにはそういう日もありますね笑

 

 

 

 

二人が買って来てくれただけでも嬉しいのですが、

Iくん(岐阜高校・名古屋大学理学部志望)が登校してきたときに、

 

 

 

Iくん:「先生ごめんなさい!」

 

 

日比野:「どうしたの?」

 

 

Iくん:「お土産買ってきたのに家に置いてきました、、、」

 

 

日比野:「残念!何を買ってきてくれたの」

 

 

Iくん:

「八つ橋クランチっていう美味しいのがあったので塾に買っていこうと思って買いました!」

 

 

 

 

その気持ちだけでも嬉しいです!ありがとう!

 

 

 

お土産を買ってきてくれること自体も嬉しいですが、

旅行先で塾のことを思い出してくれるのがもっと嬉しいです☆

 

 

 

 

これからもインパクトを残せる塾であり続けます!

 

 

 

 

リード予備校・河合塾マナビス忠節校 日比野仁哉

京都遠足とちょっと寂しい話@忠節校

こんにちは。リード予備校の日比野です。

 

 

 

 

今日は岐阜高校が京都への遠足でした。

 

 

いつもより少し生徒が少ない校舎で、

「今日は岐阜高校のみんなは来ないだろうなー」と思っていると、、、

 

 

 

 

(17:30くらい)

 

 

 

岐阜高校生徒:「こんにちはー」

 

 

日比野:「あれ、今日遠足だったよね?」

 

 

岐阜高校生徒:「17:00に岐阜高校解散だったので来ました」

 

 

 

学校行事があってもいつもと同じように登校できるのが流石だなあと思いました。

 

 

 

遠足を思いっきり楽しんで、

そのあとは思いっきり勉強する。

 

メリハリが大切ですね☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強ばかりだと息が詰まるので、

リフレッシュになってよかったです!

 

 

 

※※※※※

 

 

 

誰かしらはお土産を買ってくれるかなと期待していたのですが、

 

 

 

Sさん(名古屋大学情報学部志望)に聞いてみると、

 

 

 

日比野:「Sさん、お土産はないのー?」

 

 

Sさん:「ありません!!」

 

 

 

まあまあ食い気味に言われました笑

 

 

 

 

その後野球部のUくん(名古屋大学法学部志望)とOくん(医学部医学科志望)も登校してきたので、

 

 

日比野:「お土産買ってきてくれた?」

 

 

と聞いてみると、

 

 

Oくん:「旅行先で塾のこと思い出さなかったです」

 

 

ちょっと寂しかったです。。。

 

 

 

 

もう少しインパクトを残せるような塾になろうと思いました笑

 

 

 

 

リード予備校・河合塾マナビス忠節校 日比野仁哉

フォーカスゴー〇ドのオマージュ@忠節校

こんにちは。リード予備校の日比野です。

 

 

 

 

岐阜高校と岐阜北高校の3年生は数学ⅠAⅡBの全範囲が終わっているので学校では演習授業が中心です。

 

 

 

予習で3問程度解いてきて、担当の生徒がその問題を解説するゼミ形式の授業です。

 

 

 

 

カウンターで受付作業をしていると、

岐阜高校のIくん(名古屋大学理学部志望)が話しかけてくれました。

 

 

 

 

 

 

Iくん:「先生ちょっと見てください」

 

 

日比野:「どしたの」

 

 

Iくん:「この解答解説見てどう思いますか?」

 

 

 

 

 

 

日比野:「普通にフォーカスゴー〇ドの解答解説やないん?」

 

 

Iくん:「これ僕が作ったんですよ!」

 

 

日比野:「え、どういうこと笑」

 

 

Iくん:「次の学校の演習授業で発表するんですけど、普通にやってもつまらないので作りました!」

 

 

日比野:「めっちゃ面白いやん笑笑」

 

 

 

 

Iくんを見ていると本当に楽しそうに勉強をしていますし、

Iくんの周りの生徒はだいたい和やかな雰囲気です。

 

 

 

校舎の生徒がお互いを刺激し合ったり、

辛い時には励まし合ったり、普段楽しそうに話しているのを見ると、

 

高校を指定した専門館でよかったなあと思います。

 

 

 

 

・なんでも相談できる講師

 

・いつでも質問できる大学スタッフ

 

・お互いに刺激し合ったり励まし合ったりできる仲間

 

 

すべてがそろっているのが忠節校です☆

 

 

 

 

リード予備校・河合塾マナビス忠節校 日比野仁哉

 

『田辺の一冊』@忠節校

こんにちは。リード予備校の日比野です。

 

 

 

忠節校では毎月1日に「リード通信」をお送りしています。

 

内容は

 

・講師持ち回りのちょっとした話

・高橋先生の世界周遊記

・今月の予定

 

こんな感じです。

 

 

 

ここに4月より『田辺の一冊』というコーナーが加わりました!

 

リード予備校国語科主任の田辺先生(東京大学卒)がおススメの一冊を紹介するコーナーです。

 

 

 

田辺先生の書斎訪問動画がLEADTUBEで公開されていますので是非ご覧ください☆

 

 

 

 

LEADTUBEをみていただければ分かりますが、

田辺先生の本棚は

 

「え、こういう本を買う人が実際にいたんだ、、、」

 

という本ばかりです。

 

 

前置きが長くなりましたが、

 

『田辺の一冊』の第一回の文章があまりにも素敵だったので引用させてもらいます☆

 

 

※※※※※

 

 

田辺が月に一冊本を紹介します。みなさんが知らない分野を知るきっかけになればと。

 

今回は 自分が大学生の時に読んで衝撃をうけた文章を紹介します。

 

 

1947年に発表された、福田恆存(ふくだつねあり)『一匹と九十九匹と』です。

 

福田は聖書の見失った羊のたとえ話

「なんじらのうちたれか百匹の羊をもたんに、

もしその一匹を失はば、九十九匹を野におき、

往きて失せたるものを見いだすまではたづねざらんや。(ルカ傳 第十五章)」

を独自に解釈し、政治と文学の区別を説きます。

 

政治の意図は「九十九人の正しきもの」のうえにあるとしたうえで、

 

「しかし、善き政治であれ悪しき政治であれ、それが政治である以上、

そこには必ず失せたる一匹が残存する。

文学者たるものはおのれ自身のうちに

この一匹の失意と疑惑と苦痛と迷ひとを体感してゐなれけばならない。」と。

 

 

つまり、(以下、田辺の解釈です)

世の中には社会的に解決しなければならないいろいろな課題があります。

 

政治の問題、経済問題、環境問題、エネルギー問題など。

 

もちろんそれらは解決しなければなりませんが、それだけで人は救われるのか。

 

例えば、誰にでも自分だけの悩みはあります。

 

人を亡くした悲しみや、人間関係や、自分のコンプレックスなど…

これらは社会が解決できない個人の悩みです。

 

どんな法律をつくっても、科学で生活がどんなに便利になっても、

どんな平和な社会になっても解決するものではないでしょう。

 

この個人の部分を扱うのが文学だと言っています。

 

(ここでの文学とは広い意味での文学、音

楽などの芸術、宗教なども含んでいるといってよいでしょう。)

 

誰かの言葉によって気持ちが楽になったり、

小説に共感し感動して自分の悩みを忘れることがあるでしょう。

 

また、たとえ苦しいことがあっても、

なにか感動する経験があれば価値ある人生だといえることもあるでしょう。

 

人のこころにどこまで迫れるかが、文学の価値を決めるといえます。

 

もとの文章はもっといろいろな内容を含んでおり、

自分がうけた衝撃をうまく言葉にはできないのですが、

高校までほとんど文学を読んでいなかった自分が、

文学に関心が向かうきっかけの一つがこの文章でした。

 

(ちなみに2021年の慶應大の小論文でこの文章がでてました。)

 

福田恆存の本は文庫本でいろいろ出ていますので、ぜひ手にとってみてください。

 

(個人的には『私の國語教室』(文春文庫)は読んでほしい。面白くはないですが。)

 

 

※※※※※

 

 

私も孤独を文学に救ってもらった経験が何度もあるので、

田辺先生のこの文章は胸に沁みました。

 

思想をもつことがまず素敵ですが、

それを受け手に伝わるように表現できるのも素敵ですね。

 

 

 

 

私も読んでみようと思います!

 

 

 

リード予備校・河合塾マナビス忠節校 日比野仁哉

名古屋大学なら、忠節校@忠節校

こんにちは。リード予備校の日比野です。

 

 

本日で忠節校は国公立大学の合格発表がすべて終了しました。

 

今年も名古屋大学の合格者数を増やすことができました。

生徒の人数はほとんど変化していませんので、

毎年生徒の学習量が増えている証拠です☆

 

 

 

忠節校で名古屋大学合格者の数を増やせている要因は、

前期試験の一発勝負でなく推薦型選抜をフル活用している点です。

今年も面接まで進んだ生徒4名のうち3名が推薦型選抜で合格してくれました!

 

 

それにしても、

合格が決まった生徒は本当に良い笑顔を見せてくれますね。

 

このために仕事をしているといっても過言ではないでしょう☆

 

 

 

忠節校では推薦型選抜に向けて、

面接指導や志望理由書志望を1on 1で行います。

 

準備には3か月近くかかりますが最後までサポートします。

 

 

推薦型選抜についての情報は自分だけで集めることは困難です。

そして面接対策や志望理由書作成を自分だけで行うことはさらに困難です。

 

 

 

大学受験機会を最大化し、

合格確率の押上げをできるのは間違いなく忠節校です。

 

興味がある方はお問合せください☆

 

https://www.manavis.com/

 

※校舎は忠節校をお選びください。

 

 

※※※※※

 

 

もちろん推薦型選抜だけでなく一般型選抜でも名古屋大学合格者が続出しています。

 

 

忠節校には教務力の高いスタッフが在籍しているので、

推薦指導だけでなくいわゆる大学受験の指導も万全です☆

 

 

 

 

土屋 貴嗣(数学科) 横浜国立大学経済学部

 

 

 

佳山 満宏(数学科、理科科) 京都大学大学院

 

 

 

高橋 満(英語科) カルガリー大学

 

 

 

今橋 明宏(数学科) 名古屋大学理学部

 

 

 

田辺 勇斗(国語科) 東京大学経済学部

 

 

※※※※※

 

 

東海圏の多くの学生の憧れである名古屋大学。

忠節校には合格するノウハウが集積しています。

 

 

ぜひ忠節校の門を叩いてください。

 

 

 

リード予備校・河合塾マナビス忠節校 日比野仁哉

さらに

詳しく知りたい方はコチラから!

ロゴ

リード進学塾/予備校について

リード進学塾・予備校について
資料請求について 体験授業について お問い合わせについて

LIID CONTENT

  • 入塾の流れ
  • 幼・小学部について
  • 中学部について
  • 高等部について
  • コミル
  • すらら
  • スクールタクト
  • 欠席授業動画
  • 数学解説動画
  • LETS
  • OCEAN
  • OLECO
  • オックスフォードリーディングクラブ
  • TERRACE
  • aschool
  • パズル道場
  • キュレオ
  • サイエンスプラス
  • プログラミングプラス
  • 河合塾マナビス
  • 映像授業
  • リード式キャリア教育プログラム
  • 入塾の流れ
  • 幼・小学部について
  • 中学部について
  • 高等部について
  • コミル
  • すらら
  • スクールタクト
  • 欠席授業動画
  • 数学解説動画
  • LETS
  • OCEAN
  • OLECO
  • オックスフォード
  • TERRACE
  • aschool
  • パズル道場
  • キュレオ
  • サイエンスプラス
  • プログラミングプラス
  • 河合塾マナビス
  • 映像授業
  • リード式キャリア教育プログラム
  • 求人情報
  • 企業情報
  • サイトポリシー
  • 郵便物について
  • FCGIFU