リード進学塾は幼・小・中・高一貫教育で
子どもたちの輝かしい未来を応援します。

リード進学塾/予備校

リード進学塾/予備校

電話でお問い合わせはこちら メールでお問い合わせはこちら
高等部ブログ

HOME > 高等部ブログ

高等部ブログ

2021/03/02

リード予備校について【先頭固定ページ】

■最新動画

リード講師列伝 高橋 満/TOEIC 満点(FULL SCORE)

 

■リード予備校 専門館の必要性と優位性

リード予備校は対象高校を限定した校舎運営をしております。対象高校を限定する理由は?必要性と優位性について説明しております。

 

 

■リード予備校 プロモーション動画

 

 

■新着動画 忠節校舎の実績と岐阜県トップレベルの講師力

16秒にまとめています。

 

■新着動画 大垣北高・大垣東高専門館「大垣駅前校 紹介動画」

ショートバージョン(16秒)

 

大垣北高1 学年TOP5にリード生が3名(2021年第1回進研模試 数学)

 

 

■専門館の校舎紹介■

マナビス忠節校

 

岐阜高・岐阜北高専門館 忠節校

 

多治見北高・多治見高専門館 多治見校

 

今後、他の専門館紹介も撮影予定

 

/////////////////////////////////////////////////////////

 

■合格者インタビュー■

 

17年リード卒 岐阜大学医学部医学科(2021年撮影時大学5年生)

 

18年リード卒 岐阜大学医学部医学科(2021年撮影時大学4年生)

 

 

21年リード卒 東京医科歯科大学医学部医学科

 

21年リード卒 岐阜大学医学部医学科

 

■講師紹介■

 

数学科講師 佳山満宏(大垣駅前校、忠節校、長良校)

 

英語科講師 瀬田一樹(関校・大垣駅前校担当)

 

マナビス専属スタッフ 日比野仁哉

 

2021/12/01

夜遅くまでがんばってます@忠節校

こんにちは。忠節校の日比野です。

 

 

勉強で一番大切なことは「量」だと考えています。

 

 

もちろん何をするかという「質」も大切ですが、

それは圧倒的な勉強時間を確保したあとに突き詰めるものです。

 

 

生徒からはよく「何時間勉強したらいいですか?」と聞かれますが、

ごまかさずに答えるのであれば答えは、

 

「睡眠や食事など健康維持に必要な時間以外は勉強にあてる」

 

の一つしかありません。少し厳しいですが、、、。

 

 

 

※※※※※※※※※※

 

 

 

ある日カウンターでPC業務を行っていたら。

 

 

生徒:「先生、いまちょっとだけいいですか?」

 

 

岐阜北高校で経済学部志望の女子生徒が声をかけてくれました。

 

 

どちらかというと黙々とひとりで勉強するタイプだったので、

珍しいなと思って面談してみると、志望校のことで悩んでいるとのこと。

 

 

プライベートなことなので詳しくは書けませんが、

今よりも一段階ギアを上げて勉強しようという結論になりました。

 

普段は21:00過ぎに帰宅する生徒だったので、

「22:00過ぎまでは校舎で勉強する」を約束しました。

 

 

ものすごく渋い顔をされましたが、、、笑

 

 

 

 

勉強時間が順調に伸びているので、

なんとか判定がもうひとつ上がるように応援したいです☆

 

 

※※※※※※※※※※

 

 

たまたまこの時期は同じ約束をした生徒がもうひとりいます。

 

この生徒も岐阜北高校の女子生徒で、

将来は化粧品や医薬品の開発、特に「人工細胞」や「バイオマーカー検出」に携わりたい生徒です。

 

 

部活やイベントも楽しみたいタイプの生徒なので、

夏明けは応援団に夢中でちょっと成績を落として心配していましたが、

ひと段落してからは「勉強したくない~いやだ~」と言いながらも勉強に取り組んでいます笑

 

 

この生徒も志望校に実際に出願するためにはもうひとふんばり努力量を上げてほしいので、

同じように「22:00過ぎまでマナビスで勉強する」という約束をしました。

 

 

予想通り嫌な顔をされましたが笑

 

 

 

 

なんだかんだ言いながら勉強時間は伸びています。

 

 

忠節校の生徒はがんばり屋な生徒ばかりです☆

 

 

 

さあ、長かった受験生活もいよいよ終盤戦。自分との約束をやりきろう。

 

 

 

リード予備校・河合塾マナビス忠節校 日比野仁哉

2021/11/28

LeadTube
リード講師列伝 高橋満@LEADTUBE

こんにちは、リード予備校の佳山です。

 

 

昨日の夜22時にインタビュー動画を撮って、その日家に帰ってから、作りました。気づいたら朝の5時。。。 高橋先生の動画は作り応えがあります!!!

 

 

今回は、ルートマップをFUSIONを駆使して作りました!! ご覧ください★

 

 

 

 

リード予備校 忠節校を担当している高橋先生は

 

 

TOEIC初受験で満点 FULL SCORE

 

ハーバード大学3名の合格実績

 

自転車でアメリカ大陸縦断

 

バックパックでユーラシア大陸一周という、なんかすごい先生です。笑

 

 

英語の能力は岐阜県で勝てる先生はいないのではないかと思える程です。生徒からの信頼も厚いのですが、高橋先生の魅力は英語能力だけではありません。 魅力溢れる先生でして、人柄とか経験とか、普通の人ではないんです。

 

 

高橋先生は、私も信用・信頼していまして、もし英語を学び直す時が来たら、高額なお金を払ってでも高橋先生に習いたいと思っています。 忠節校立ち上げた時も、高橋先生を指名したぐらいです。

 

 

LEADTUBE動画を作っていますと、いろんな先生のインタビューすることになりまして、インタビューすればするほど、まだまだこの先生達の凄さや人柄を理解できていなかったと思います。

 

 

かっこいい動画にしようとしていますが、それでもまだまだ魅力を伝えきれていない気がします。

 

 

この動画の最後の方に「旅とは」を話ししています。是非聞いてください。

2021/11/25

大垣北高・大垣東高 本日より後期中間試験@大垣駅前校

こんばんは、リード予備校の佳山です。

 

 

本日から定期考査が始まっておりますので、校舎を10時半から空けて生徒の質問対応をずっとしております☆

 

 

大垣北高の生徒が、お昼過ぎからゾロゾロと自習室に来まして

 

 

ある生徒に数学のテストできた??と聞きますと、すごい渋い顔をしている生徒がいました。 いつも定期考査はかなりいい点数を取る生徒なので、出来ないことに意外でしたが(進研模試も100点取ったことがある生徒です)

 

 

佳山:「あれ? 出来なかったの?」

 

生徒:「いや、問題に誘導がつき過ぎてて、なんというか、考えなくても出来る問題でした。」

 

佳山:「そういうことか。笑」

 

生徒:「ただただ計算するだけの問題でした。」

 

 

おそらく、誘導がつき過ぎではなく、普通の定期考査の問題だとは思います(他の生徒に聞くと、普通のテストだったので。笑)

 

 

いつも授業をしているときに、小問の(1)(2)がなくても、解き方の誘導を理解して(3)を出来るようになりなさいと言っていますので、

 

 

この生徒は、ほぼほぼ応用問題の解法が頭に入っているようです☆

 

 

/////////////////////

 

大垣北高1は明日が生物基礎のテストでして、6人連続で同じ質問が来ました。笑

 

 

5人目と6人目は、オンライン質問が来た瞬間に回答を送りました。

 

 

でもこの質問してきている6人の生徒は、いつもよく定期考査の点数をとる生徒ばかりです。 それだけちゃんと問題演習しているってことですね☆

 

 

2021/11/25

岐阜県トップクラスのマナビス校舎@忠節校

こんにちは。忠節校の日比野です。

 

 

 

忠節校の外掲示が完成しました!

 

(田辺先生、髙瀬先生、相川先生ありがとうございます)

 

 

 

 

(夜の校舎は映えますね。かっこいい。)

 

 

 

 

忠節校のアドバイザーの学力は岐阜県トップクラスです。

 

 

ほとんどの講師(日比野以外の講師)が集団授業を担当しています。

 

そのため「学歴」ではなく「指導力を含めた学力」がトップクラスです。

 

 

もちろん大学名のみで能力を判断することはできませんが、

大学受験で努力をしきった講師陣の生徒指導を間近でみると、

「仕事の緻密さ・知識の豊富さ・生徒指導の情熱」のどれをとっても日比野からみて純粋に尊敬できる講師ばかりです。

 

生徒たちもそれを感じてくれていると思います。

 

 

 

 

そして忠節校の実績は全国規模でトップです。

 

2021年度卒業生の「国公立大学合格者数」が「全国1位」(直営校除く)です。

 

 

しかもぶっちぎりで。

 

 

この実績は進路指導を経験だけに頼らず、

河合塾の圧倒的なデータをもとに「攻め」と「慎重さ」を加味して指導している証明です。

 

 

 

忠節校はこれからも生徒にとって一番の校舎であるよう成長し続けます☆

 

 

 

リード予備校・河合塾マナビス忠節校 日比野仁哉

2021/11/24

「進化しすぎた脳」著者:池谷裕二@リード図書館

こんばんは、リード予備校の佳山です。

 

 

初版は2007年と古い本となりますが、後期中間試験が終わって冬休みに高校生に呼んでほしい本の紹介です☆

 

 

「進化しすぎた脳」著者:池谷裕二 講談社 BLUE BACKS

 

 

 

 

始めから読んでいなかいと理解出来ないタイプの本ではなく、細かくエピソードが分かれていますので、目次を見て面白そうと思ったところから読んでも十分に楽しめます。

 

 

タイトルの「進化しすぎた脳」が一番わかるエピソードを少し紹介します

 

 

水頭症という病気があります。小さいときに脳に水が溜まって、脳の成長が妨げられます。ひどい場合だと、大脳の体積は健常の人の20分の1にもなるとか。

 

 

大脳の体積がかなり小さくなって、どうのような症状が出るかというと、驚くことに水頭症の患者さんは全く正常な方が多いそうです。 大人になって検査を受けて初めて水頭症だと知る方もいます。 さらに驚くことに、水頭症の50%の人はIQが高く100を超えています。

 

 

大人になって脳の90%を無くしてしまうと、確実に障害が出て生活できないようになります。 小さい頃に、小さい脳として成長していくので、上記のようになるようです。

 

 

おそらく人は、脳を除く体は環境に適応して発達したのに対し(体の90%の機能がダウンしたら本当に生きていきませんよね)、脳は過剰に進化してしまったようです。

 

 

なぜ過剰に進化したのか、科学的な証明はされておりませんので不明ですが、著者の池谷先生は以下のように考えているようです

 

 

『 こうして脳は、一見すると無駄とさえ思えるほどに進化してしまっているけれど、でもそれは裏を返せば、将来いつか予期せぬ環境に出会ったときに、スムーズに対応できるための、一種の「余裕」だと考えることもできる。新しい環境や、もしくは進化や突然変異などで体そのものの形が急に変化してしまっても、余裕をもった脳は、依然これをコントロールすることができる。

こう考えると、脳の過剰進化は、いわば安全装置、そう、未来への予備のようなものだと解釈できる。』

(引用:「進化しすぎた脳」池谷裕二著)

 

 

勉強してペーパーテストで点数をとることは、脳の使い道の1つです。 脳がこのように過剰に進化して、将来の環境変化に余裕を持たせているとしたら、人は生きている大半を新たに学んで成長できる余地がある、と言い換えることができると思いました。

 

 

この本を読んで、個人的には学ぶ意欲を高められました。 今何かの壁にあたって悩んでいるなら、この本を読んでみてください。脳の不思議・神秘を感じ取れると、何か吹っ切れることが起こるかもしれません☆

 

 

 

2021/11/24

夜に向かって雪が降り積もると♪@忠節校

こんにちは。忠節校の日比野です。

 

 

早い生徒は国公立大学の受験が始まりました。

 

今年の忠節校の第一号は「北海道大学フロンティア入試(総合型選抜)」です。

 

 

国公立大学の推薦型選抜はちょっと対策したら合格する、というものではなく。

 

 

国が出している「水産白書」を読んだり、

大学教授の書いている論文を読んだり、

志望理由書の添削を何回も何回も繰り返したり、

 

 

11月末の試験のために8月から準備を重ねてきました。

 

 

第一次選考(書類審査)はクリアし、

先日が北海道で行われる第二次選考(口頭試問など)でした。

 

 

一人で飛行機に乗って北海道に行って受験をしてきたようなのですが、

函館駅前のホテルに泊まってお寿司をお腹一杯食べて、

楽しい北海道受験だったようです笑

 

 

 

個人的にですが。

大学受験という、おそらく初めて自分の人生について考える時期に、

一人で知らない土地に行くというのは後から振り返ると良い思い出になるんじゃないかなあと思っています。

 

 

日比野も早稲田大学を受験しに行ったとき(ただの記念受験ですが)、

ホテルのフロントで「がんばってね」とキットカットをもらったのをいまだに覚えています。

 

なんとなくですが、

その経験が教育業界に携わりたいと思った理由の一つになっている気が。

 

 

 

受験生活も残り3か月。

文字通り全身全霊で受験生を指導していきます。

 

 

 

 

お土産に白い恋人をいただきました。

スタッフでおいしくいただきます☆

 

 

 

リード予備校・河合塾マナビス忠節校 日比野仁哉

2021/11/24

LeadTube
ポラロイド写真風で@LEADTUBE

こんばんは、リード予備校の佳山です。

 

 

ポラロイド風の感じで、写真だけを使って動画を作製してみました!

 

 

 

 

今回はfusionを使いまして、ポラロイド風にしてみましたが、なんか納得のいく感じには仕上がりませんでした。。。 なんかカクカクしていますよね。 まだまだ腕を上げたいんですが、時間があるときに作製するレベルでは全然上達しません。

 

 

fusionはそこまで複雑ではなく、意外と簡単に作製出来ます

 

 

 

 

この動画のエディットページ

 

 

 

ポラロイド写真の下にあります、背景は、自分の家の床を写真で撮って使用しています。 すずちゃんの爪でなかなか傷がありますね。。笑

 

 

 

 

本日からかなり冷え込んでますので、皆さん風邪を引かないように注意しましょう。 私の家では、今年の初暖炉の日となりました。 薪を焚き出してから、高3生の受験、高1・2生も年明けのテストラッシュ、新高1生の募集とかなりハードな時期となりますが、さらにより良い予備校となるように頑張って参ります!!

 

 

 

 

 

2021/11/23

「自分、不器用ですから」@忠節校

こんにちは。忠節校の日比野です。

 

 

 

みなさんはアメリカ元大統領 Abraham Lincoln の次の言葉をご存じでしょうか。

 

If I had eight hours to chop down a tree, I’d spend six hours sharpening my ax.

 

(もし木を切るのに8時間与えられたなら、そのうち6時間は斧を研ぐのに使うだろう)

 

 

 

ものすごく単純に解釈すれば、

「準備が大切」だということですね。

 

 

 

この「準備が大切」で印象に残った生徒がいたのでご紹介します。

 

 

 

名城大学の学校推薦型選抜が28日に迫り、

面接や小論文の指導が佳境に入りました。

 

まだ生徒は面接に慣れていないので、

初回の面接練習は色々と突っ込みどころ満載になりがちです。

 

 

 

そんな中でも、初回から「お、この生徒面接うまいな」と思う生徒がいました。

面接官に「なるほど」と思わせる内容を盛り込めた面接になっていました。

 

 

 

正直なところ初回からこんなにうまく面接ができるとは思わなかったので、

どんな準備をしたのか聞いてみました。

 

 

 

そこで見せてくれたのが次のノートと用紙です。

 

 

 

 

彼には前もって、

名城大学理工学部の全学科で過去3年に質問された内容を渡してありました。

 

枚数で50枚近くはあったと思います。

 

 

 

彼はこれを集計し、頻出の質問やそれほど聞かれない質問にカテゴライズして、

頻出の質問についてはあらかじめノートに話す内容をまとめて、

面接練習に臨んでくれました。

 

 

 

このノートと用紙を見せてくれたときに、素直に感動しました。

 

 

 

「最初からトップを走り続けてきた!」というタイプの生徒ではないですが、

いままで堅実に努力を重ねて、

このままいけば順調に第一志望校に出願できるところまできています。

 

 

 

彼は時々「自分は不器用なので、これぐらいやらないと」と言います。

 

 

いやいや、自分でそれが分かっているだけですごいぞと思います。

(あと、往年の大俳優みたいだな、とも思います笑)

 

 

 

成績を伸ばしてきた理由を垣間見えたような気がしてとても嬉しいです☆

 

 

 

リード予備校・河合塾マナビス忠節校 日比野仁哉

2021/11/22

京大 医学部A判定・東大 理ⅢB判定@大垣駅前校

こんばんは、リード予備校の佳山です。

 

 

高2駿台模試を受けた生徒がいまして(大垣駅前校に通っている岐阜高生)

 

 

名古屋大学 医学部 A判定(A判定偏差値73に対してこの生徒の偏差値79.4!笑)

 

京都大学 医学部 A判定

 

東京大学 理Ⅲ  B判定

 

 

そもそも、駿台模試で偏差値79.4ってすごいですね☆

 

 

岐阜高でこの時期に駿台模試を受けたのは174名で、この生徒は

 

 

岐阜高 学年順位2位でした☆

 

 

佳山:「理Ⅲ 狙ってみたら?」

 

生徒:「東大模試じゃないんで、実力はちゃんとはかれてないと思うので。」

 

 

と謙遜しておりました。優越の錯覚に陥っていないお手本のような返答でした☆

 

 

2021/11/22

え、そこで勉強するの、、、@忠節校

こんにちは。忠節校の日比野です。

 

 

 

共通テストまで残り2か月を切り、

本当の意味で追い込み期間に入りました。

 

 

 

今日も忠節校ではみんな黙々と勉強しています。

 

 

 

 

 

 

一見普通に勉強している彼ですが、

 

もうちょっと引きで見てみましょう。

 

勉強している場所に注目してください。

 

 

 

 

 

そうです。普通に廊下です。

 

しかも集団授業の声が響き渡る、教室の前の廊下です。

 

 

 

 

彼がここで勉強し始めたのには理由がありまして。

 

 

もともと超優秀な生徒で、

志望校の共通テストボーダーも軽々越えています。

 

そのためこれからは点数を伸ばすというよりは当日の不確定要素を一つずつ潰していこうと、

11月の月例面談で話をしました。

 

具体的には下のような話をしました。

 

 

 

受験当日は何が起こるか分からない。

 

英語のリスニング中に救急車が近くを通ったり、

自分の机がガタガタだったり、

隣の受験生がくしゃみばっかりする生徒だったり、、、。

 

しかし、こういったアクシデントがあっても多くの場合、点数の補正などはされない。

 

そのため自分が集中して勉強できる環境で勉強することも大切だけど、

あえて自分が集中できない環境に身を置くことも大切だよ。

 

 

 

こういった話をして、

じゃあ忠節校で一番集中しにくい環境はどこだろうと探したところ、

上の写真の廊下に置いてある机になったというわけです。

 

 

日比野がこの場所を提案したのは半分冗談でしたが、

本人はいたって真剣に「そこでやります!」と言って勉強してくれています。

 

 

やっぱりトップ層というのは良い意味でぶっ飛んでいますね☆

 

 

 

この前感想を聞いたところ、

 

「周りに人がいるから寝ることもなくなって、とても良い環境です!」

 

と嬉しそうに話してくれました。

 

 

 

ちなみに、集団授業の教室待ちをしている生徒のおしゃべりの声も小さくなったようで、

静かな校舎環境にも貢献してくれているみたいです笑

 

 

 

この環境で高得点が維持できるならば試験当日も大丈夫でしょう。

結果を楽しみにしています☆

 

 

 

リード予備校・河合塾マナビス忠節校 日比野仁哉

Page 1 of 4112次へ
さらに

詳しく知りたい方はコチラから!

ロゴ

リード進学塾/予備校について

リード進学塾・予備校について
資料請求について 体験授業について お問い合わせについて

LIID CONTENT

  • 入塾の流れ
  • 幼・小学部について
  • 中学部について
  • 高等部について
  • コミル
  • すらら
  • スクールタクト
  • 欠席授業動画
  • 数学解説動画
  • LETS
  • OCEAN
  • OLECO
  • オックスフォードリーディングクラブ
  • TERRACE
  • aschool
  • パズル道場
  • キュレオ
  • サイエンスプラス
  • プログラミングプラス
  • 河合塾マナビス
  • @will
  • ENAGEED
  • 入塾の流れ
  • 幼・小学部について
  • 中学部について
  • 高等部について
  • コミル
  • すらら
  • スクールタクト
  • 欠席授業動画
  • 数学解説動画
  • LETS
  • OCEAN
  • OLECO
  • オックスフォード
  • TERRACE
  • aschool
  • パズル道場
  • キュレオ
  • サイエンスプラス
  • プログラミングプラス
  • 河合塾マナビス
  • @will
  • ENAGEED
  • 求人情報
  • 企業情報
  • サイトポリシー
  • 郵便物について
  • FCGIFU